Blog

代表アライのBLG
20182/4 学士会館 'Wedding fair 2018 '
2018.02.25

歴史ある学士会館で昨年に続き2回目のフェアーは7つのアトリエ系サロンが集まって開催されました。

P2041428.jpg 

リハーサル風景

エマリエ

ラクチュール・ヨシエ

ペールメール

ローヴ・ドゥ・マリエ・セツコ青木

セ・ミュー

ドレスマニア

クロカンブッシュ

どこもオーナーデザイナーによるメゾン

オリジナル性の高いブランドです。

クロカンブッシュでは各テーマに合せて

ドレスを提案致しました。

 

<クラシック>

ビスチエドレスに長袖のコットンチュールのオーバブラウスを重ねて、

チュールのスカートが幾重にも重なり

身頃のレーシー感が上品で華やか。

P2041475.png

ポイントカラーをラベンダーにして

華美にならないように!

ヘッドはバックリボンの花とお揃いのガーランド

P2041485.png

大きな別トレーンとキャトルフィーユのコサージュが

華を添えています!

IMG_1027.png

アートフラワーが繊細さを引き立てています。

IMG_0938.jpg

一つ一つ生地を染めて作る微妙な色合いは

誰にも真似ができない感性です!

<モダンスタイル>

シャネルの生地と同じメーカーのツィ―ドは異素材を楽しく織り込んだ独特の形状です。

スカートはくるぶし丈のたっぷりボリュームのあるWオーガンジーで軽やかに、

180204_0086.jpg

ビスチエとボレロとバッグがツイードです。

華やかな帽子も映えています。

ボレロを脱ぐと、

デコルテ・ラインが出ますのでなるべくゴージャスに

アクセサリーが華やぎます。

180204_0352.jpg

短めの丈の軽やかさは華やかさもありクラシックな場所でも

足を出しても決して品格を落とすものでもなく、

小物なども上品に合わせて下さい。

<リゾート>

シルク・シフォンのスカートはフルレングスで

華やかなドレープ感をだしてくれます。

リゾート地での空気感をシフォンは一番感じられるはず!

又ビスチエドレスの上に重ねられたオーガンジーのオーバーブラウスは

180204_0487.jpg

シルク・オーガンジーのオーバーブラウスを脱ぐとシンプルなビスチエドレスです。

オーバーブラウスにはゴージャスな刺繍がされています。

IMG_0941.png

フランスのリバーレースの上に刺繍とビージングです。

フランス仕込みの刺繍家は

繊細でゴージャス 

<カラードレス>

シルクタフタのシャンブレーカラーを使って

180204_0613.jpg

180204_0631.jpg 

 胸元にライラックの花を飾って

IMG_0943.png

取り外し可能な花のパーツはアーティストの坂本さんの制作のもの

繊細でキュート

この日、手に持ったブーケは 

ドレスを引き立てるイエローやオレンジなど

対照的な色合いでニュアンスカラーをぐっと華やかな印象へ

IMG_0945.png

 

<各メゾンお勧めの一着>

クロカンブッシュお勧めのシルクタフタをたっぷり使った

『学士会館』をイメージしたドレスで

こだわりのシルエット 

極めた技で作るドレスの仕立て

お一人お一人の思いに答えた製作です。

180204_0809.jpg

本物を知る大人花嫁に

是非着てもらいたい一着です。

180204_0838.jpg

シンプルなドレスこその小物が映える

リバーレースのベールを合わせて、

IMG_0760.png

モデルのMAIKOさんと

クロカンブッシュのスタッフとで

最後に1枚

IMG_0767.pngのサムネイル画像

寒い一日でしたが同じドレスサロンさんや関わった皆様から刺激を頂いた一日でした。

雑誌『Wedding Book』は5日発売!

そこでこの企画を詳しく載せていますので、

是非本誌もご覧ください!

HOMEに戻る

 

  1. ‹ Previous
  2. Next ›

ページトップへ

Recruit
クロカンブッシュでは「パタンナー・ドレスコーディネーター」を募集しています。
【仕事内容】ドレスを中心にした婦人服のパターン製作、ショップでのドレスの接客 他
【条件】経験者・週3日以上勤務可能な方
»詳しくはこちら